User's Voice

HOME >> お客様インタビュー

voice02 ブランド広告

高付加価値のブランド戦略により孤高の存在感をステークホルダーに訴求する。

お客様のリクエスト 企業価値を高める「ブランド広告」

お問合せはこちら

導入媒体とプロモーション概要

CI・VI計画 クライアントのビジネスフィールドである「東京」をチェス盤に例え、西洋将棋の持つ気品と戦略性をモチーフにビジュアル化。各種媒体において、統一イメージで展開した。
会社案内 CI・VI計画をベースに、ブランドイメージを訴求。営業ツールとしての機能にも配慮し、専門性の高い業務内容を、わかりやすいコピーと視認性の高いデザインで表現した。
WEBサイト CI・VI計画、会社案内のブランドイメージを踏襲し制作。見やすさ、使いやすさ、といった点からも企業イメージのアップに取り組み、結果、お問い合わせ数の拡大へと繋げた。

インタビュー

自社の競争力や優位性を「ブランド」で表現する

アイムアンドカンパニーと取引しようと思われたきっかけは、どんな事でしょう?

信頼をよせているスパイラル&カンパニーさんの紹介で「ここは良いよ」と言われたのがきっかけですが、それ以上に大きな要因は、当社はかなり専門的な業務ですので制作会社が理解できるかが一番の不安要素だったんです。ただ言ったことを作るだけの作成会社は求めていませんでしたからね。しかしまだホームページなどの媒体を作成する前に、アイムアンドカンパニーさんからのヒアリングを受けて、企画を見せてもらった時に「間違いない」と思いました。それは私が専門的に言いたいことを、誰にでも理解できる内容で分かりやすくストーリー性までもたせて持って来てもらったことが大きかったですね。


当初はロゴやCI計画はお考えなられていませんでしたね?

そうなんです。当初はパンフレットとホームページの作成で頭がいっぱいで、いわゆるブランディングは後回しで考えていました。しかしアイムアンドカンパニーさんの方からご提案いただき、作ってみてこれはまず初めに考えねばならないという事がよく分かりました。 ロゴマークが社員の求心力やプライドを高めるものだと実感しましたし、既クライアントの方や新規の取引企業様からもイメージがずいぶん違っているように感じます。

ロゴやCIの決定は大変でしたか?

パンフレット、ホームページの作成全体を通じてですが、ヒアリングを基に満足いくデザイン案を適確に出してもらったおかげで制作は非常にスムーズでした。ロゴに関しては2案まですぐに絞れましたが、そこからは社内でも意見が割れて、相当悩みました。最終的には会社の将来ビジョンまで包含したビジュアルに私が決定しました。会社案内、ホームページを見ると判断は間違っていなかったと思っています。すごく気に入っています。

この作成したツールを事業展開にどのようにマッチングさせますか?

当社の取引先の多くは、不動産保有者、金融機関、ファンド運用会社などですが、まず弊社を分かって欲しかったのです。その為にはホームページは不可欠だと考えました、会社のイメージアップという観点からは効果は絶大でしたね。ホームページの次の段階として、お客様に実際にお会いしたときにパンフレットの出番となるのですが、その作成に関しアイムアンドカンパニーさんから2つポイントを教えてもらいました。その2つのポイントを実行することにより、実際に手渡した時の反応はかなり違っているように感じます。当社の事業展開は、現在紹介が中心なのでそのポイントに注力して会社案内とホームページを作成してもらいました。今後はネットでのビジネス展開も視野に入れて行きますが、その際はまた今回以上によろしくお願いします。

CI計画・ロゴデザイン

不動産アセットトラストという事業をコアとし、大東京をチェスにみたて、企業の「信頼性・戦略性・優位性」をデザイン化。さらにペガサスをイメージさせる「孤高の存在」を重ね、ヴィジュアル・アイデンティティを構成しました。


左より諌山社長、弊社代表村田

お問合せはこちら

ページの先頭へ戻る

Ploducts

CI計画・ロゴデザイン

会社案内パンフレット

ホームページ

ページの先頭へ戻る

お客様事例

本事例をPDFファイルでご覧頂けます

PDFお客様インタビュー(765KB)

お問合せ

本事例に関するお問合せ

お問合せはこちら

ページの先頭へ戻る

その他のインタビュー

ページの先頭へ戻る

お客様インタビュー

広告・WEBのご相談承ります。

広告相談室